メニュー

  • 言語聴覚士とは

言語聴覚士とは

言語聴覚士とは

言語聴覚士は医療・福祉・教育機関などで、小児から高齢者まで幅広い年齢層のコミュニケーション障害や摂食嚥下障害の評価・訓練を行っています。

ことばの障害、きこえの障害、声や発音の障害、食べる機能の障害(摂食嚥下(えんげ)*障害)は、先天性のものと、病気や外傷による後天性のものがあります。コミュニケーションと、食べること。それは、人が人らしく生きるための基盤であり、とても大切なこと。
ことばによるコミュニケーションや摂食嚥下(えんげ)*に問題を抱える方々の社会復帰をサポートし、その人らしい毎日を送ることができるよう支援する専門職が言語聴覚士です。

言語聴覚士は、病院などの医療機関では医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士などの医療専門職とともに、介護施設等においてはケアマネージャー・介護福祉士・介護支援専門員などの専門職とともに、また、教育の現場では教師、心理専門職などと連携してチームでサービスを提供します。言語聴覚士は、人としての尊厳を大切にしたトータルな支援を目指します。

*食物を認識して口に取り込むことに始まり、胃に至るまでの一連の過程のこと。

言語聴覚士が対象とする主な障害

  • 高次脳機能障害系

    失語症・高次脳機能障害

    一人ひとり異なる障害のメカニズムを把握するのが第一歩

    脳梗塞などの病気や事故などによる頭部外傷に起因する、言語・記憶・行為などの障害を高次脳機能障害といいます。症状が同じように見えても障害が起きるメカニズムは異なるので、個々に訓練プログラムを組み立てることが必要です。

  • 運動障害系

    音声障害・運動障害性構音障害・摂食嚥下障害・器質性構音障害

    専門職として、チーム医療の中で重要な役割を担います

    発音発声器官に異常が認められると、多くの場合は食べる、飲み込むといった行為にも何らかの支障が生じます。うまく噛めない、飲み込めないといった症状を「摂食嚥下障害」といい、言語聴覚士はチーム医療の一員として、状態の把握や訓練を行います。

  • 運動障害系

    音声障害・運動障害性構音障害・摂食嚥下障害・器質性構音障害

    発声、発音の障害を適切に把握、機能回復訓練を組み立てます

    発音する動作を「構音」といいます。脳卒中の後遺症などによる運動障害性構音障害、舌がんによって舌や口の一部を切除した場合などに起こる器質性構音障害などがあります。いずれも障害を適切に把握し、原因や症状に合った訓練の組み立てが求められます。

  • 発達障害系

    言語発達障害・脳性麻痺・機能性構音障害・吃音

    言語習得の基本が完成する、小児期の早期発見が重要です

    私たちは0歳から10代初期までの間に基本的な言語能力を習得するといわれています。特に幼児期は、語いや文法などの基礎となる部分が完成する時期。ことばの遅れを早期に発見し、専門スタッフが連携して、対応することが重要です。

  • 聴覚障害系

    聴覚障害・視覚聴覚二重障害

    聞こえの障害を適切に把握し、一人ひとりに合った支援の方法を提供します

    成人では加齢とともに聴力が低下したり、病気やケガで聞こえが悪くなる場合もあります。小児の場合は周囲の人たちの会話を聞いて言葉を覚えますから、聞こえの障害がことばの獲得を妨げる可能性があります。このような方々に検査や訓練、補聴器のフィッティングなどを行います。

  • そのほか

    研究機関養成機関

    言語聴覚療法の向上や人材教育に努めます

    言語聴覚療法のサービスの普及や向上をめざすために、臨床現場以外でも言語聴覚士が活躍しています。例えば国内外の大学や公立・私立の研究機関で専門領域の幅広い研究を行ったり、言語聴覚士養成校で後進の育成を行うのも言語聴覚士の大切な仕事です。

医療・福祉・教育の現場で高まるニーズ

  • 医療・福祉・教育の現場で高まるニーズ

  • 現在、言語聴覚士の有資格者数は27,274人(2016年3月末)。病院や診療所などの医療機関をはじめ、医療福祉、介護、教育などの分野で活躍しています。そして今後も言語聴覚士が必要とされるフィールドは広がると予想されています。例えば介護老人保健施設の入所者の6割ほどは失語症や構音障害、難聴などの障害を持ち、コミュニケーションに何らかの問題を抱えていると推定されています。そのような状況の中、言語聴覚士に対する社会的ニーズはますます高まっています。

  • 医療・福祉・教育の現場で高まるニーズ

言語聴覚士の必要数:約7万人

医療・福祉・教育の現場で高まるニーズ